【健康な尿を維持したい 成猫用】ユリナリー ケア

【健康な尿を維持したい 成猫用】ユリナリー ケア

ミネラルバランスの調整はもちろん、さらに猫のおしっこの量を増やすことにまで配慮したロイヤルカナンだけの「おしっこを濃くし過ぎない」ための3つのこだわりによって、尿路結石の形成を抑制します。

ドライとウェットの2タイプ

*全て希望小売価格・税込

知っておきたい猫の健康のための基礎知識 尿路結石について

猫はもともと濃いおしっこをつくりやすい動物

猫の祖先をご存じですか?現在ペットとして飼育されている猫(イエネコ)の祖先は、主にアフリカなどの乾燥地帯に生息する、リビアヤマネコであるといわれています。水があまりない環境(砂漠)で生活していたため、ネズミ(水分含量約60%)などの小動物を食べることで水分を摂取しており、水を飲むということをあまりしませんでした。体内にある貴重な水分をなるべく無駄にしないように、濃いおしっこをつくり、体外に捨てる水分を少なくします。
濃いおしっこでは尿路結石ができやすくなります。猫はおしっこが濃くなりすぎないように食事で気を付けてあげないと、尿路結石ができやすくなります。


Sou West Photography/Shutterstock.com
※イメージ

おしっこが濃くなりすぎると尿路結石はできやすくなります

尿路結石症では、頻尿、血尿、排尿困難などがみられます。結石が尿道につまってしまうと、命にかかわる危険な状態におちいることもあります。それでは、どうして尿路結石ができるのでしょうか?
尿中には体内から排出されたさまざまなミネラルが溶けています。何らかの原因で尿が濃くなりすぎ、ミネラルが尿に溶けきれなくなって尿路内で結晶化し、さらに結石を形成したものが尿路結石です。結石の種類はさまざまですが、猫では「ストルバイト結石」が多くみられます。

ストルバイト結石

ストルバイト結石は次のような状態でできやすくなります

【尿のpHが6.5より大きくなる(=アルカリ性にかたむく)】【尿中のマグネシウム濃度が高くなる】【尿量が減る】

ストルバイト結石をできにくくするためには、尿が濃くなりすぎない工夫が大切です。

【おしっこを濃くし過ぎないための3つのこだわり】

ペットオーナーの声

「ユリナリーケア」をモニターいただいたペットオーナー(犬と猫の健康 アンバサダー)の皆さまの声を、ご紹介いたします。愛猫の健康を願うみなさまの声が、多くの猫オーナーに届き、一頭でも多くの猫の健康のために役立つことを願っています。

おしっこの量について
  • ペットシーツの重さ2日目91g ⇒ 14日目 139g

  • 追加する(猫)砂の量が増えました…

うんちの量の変化について

粘土で再現したうんちをパッと見るだけでも減った様子がわかると思います

食いつきについて

手のひらに乗せた数粒はあっという間に…

製品ラインナップ<2015年2月23日(月)新発売>ユリナリー ケア

*全て希望小売価格・税込

愛猫の泌尿器の健康に関して気になることがある場合には、かかりつけの動物病院で受信することをお勧めします。

すべては犬と猫のために―プレミアムペットフードのロイヤルカナンと認定コンサルティングペットショップによる公式ショッピング・コミュニティサイト「マイ ロイヤルカナン」。「マイ ロイヤルカナン」では、個々の犬と猫の特徴に合わせたロイヤルカナンのドッグフードキャットフードのショッピングや犬と猫のお悩み相談フォトコンテストなどをお楽しみいただけます。

マイ ロイヤルカナンのホーム

マイ ロイヤルカナンをおすすめする理由