私たちは、すべての科学的知見をペットの健康とウェルビーイングの実現にささげます

ペットセンター

ロイヤルカナンの犬舎と猫舎(ペットセンター)は、獣医師やブリーダー、そして社内のアニマルケア専門家たちが長年にわたり計画し、生み出した成果の結晶です。米国オハイオ州ルイスバーグには2つ目のペットセンターがあります。
これらの施設では、飼育されている犬や猫たちを継続的に観察し、彼らの健康やウェルビーイングを知るための研究を行っています。
また、私たちは犬と猫たちの暮らしに負荷がかからないよう十分に配慮しながら、彼らの摂食行動や習慣を分析しています。
ロイヤルカナンのフードにより、犬と猫たちは真に健康な状態が保たれ、ヘルスニュートリションの成果が確認されています。

ご存じでしたか?

ロイヤルカナンはエマルグにあるペットセンターで40種の犬と20種の猫を180頭ずつ飼育し、ルイスバーグでは25種の犬と17種の猫を220頭ずつ飼育しています。

研究開発

マース ペットケアには、4か所のグローバル・イノベーション・センターがあり、ドイツ(ウェットフード)、アメリカ(ドライフードおよびナチュラルフード)、イギリス(ケア製品、トリーツ)、フランス(ロイヤルカナン製品)の新しいアイデアや製品の試験、研究を行っています。
ペットの栄養学やウェルビーイング、人と動物の相互作用において科学的な権威であるウォルサム研究所と50年以上にわたり非常に強い協力関係を築いています。
栄養バランスによる犬と猫のウェルビーイング(健康的で幸せな生活)というコンセプトは現在もロイヤルカナンの根幹を成す理念となっています。