更新日:2016年2月08日
定期的健診の大切さ

動物病院はペットが病気になったときだけに行く場所ではありません。病気になってしまったときやケガをしてしまったとき以外にも定期的に動物病院へ行くことでぺットの健康をサポートできます。

少なくとも半年に1回。病気の早期発見のための定期健診。

私たちが定期的に健康診断をするように、ペットの定期健診は健康を維持するために大切です。病気の早期発見もできますし、日常生活で気をつけるべきことがわかれば、病気を予防することにもつながります。定期的に動物病院を訪れることでペットの普段の様子をかかりつけの獣医師に知っておいてもらえば、いざというときの診察の手助けにもなるでしょう。ペットも動物病院に慣れることができます。1歳を過ぎるとペットにとっての1年は人間の4年にあたるといわれています。ペットが若くても少なくとも半年に1度は健康診断を受けることをおすすめします。

健康診断では、視診、触診、聴診などで異常がないかどうかを調べます。血液検査や尿検査、便検査、レントゲン検査などの検査もあります。血液検査では、人間の場合と同様に肝臓病や腎臓病、内分泌疾患、貧血、感染症などに関する多くの情報を得ることができます。犬の場合は、フィラリアの予防薬を投与するとき、感染していないことを確かめるために血液検査が必要ですから、そのときに他の項目の検査をしてもらうこともできます。
具合が悪いわけでもないのに健康診断のためだけに動物病院まで行くのは……、という方は、ワクチン接種のときに健康診断もしてもらうとよいでしょう。

すべては犬と猫のために―プレミアムペットフードのロイヤルカナンと認定コンサルティングペットショップによる公式ショッピング・コミュニティサイト「マイ ロイヤルカナン」。「マイ ロイヤルカナン」では、個々の犬と猫の特徴に合わせたロイヤルカナンのドッグフードキャットフードのショッピングや犬と猫のお悩み相談フォトコンテストなどをお楽しみいただけます。

マイ ロイヤルカナンのホーム

マイ ロイヤルカナンをおすすめする理由