更新日:2016年2月08日
動物病院に行く前の準備
まず、動物病院に電話を

実際にケガや病気で動物病院へ行く場合は、事前に電話でどういう症状なのかを簡単に説明しましょう。緊急の場合は、獣医師や動物看護師が適切な指示をしてくれ、必要な準備をして待っていてくれるでしょう。診察の際に重要なのは人間の場合と同様に問診です。でもペットは「胃がキリキリと痛い」とか「頭痛がする」などと言うことができません。症状を説明できるのは、普段の様子を知っている飼い主さんだけです。「いつから」、「どんな症状が」、「どのように続いているのか」を、正確に伝えることが必要です。ただ、獣医師の前では緊張して、うまく説明ができないということもあるでしょう。そのような場合は、下記の表のように電話で話すべきことをあらかじめメモにまとめてから電話をかけるとよいでしょう。動物病院に行くときも、獣医師に簡潔で正確な説明を落ち着いてするために、電話をしたときのメモを持っていくとよいでしょう。また、かかりつけの動物病院の診察時間を調べておき、特に緊急の場合を除き、診察時間内に来院するよう心がけましょう。

出発の準備をしましょう

検査のために、うんちやおしっこ、嘔吐したものを持っていったほうがよい場合もありますので、うんちや嘔吐したものは少しでもすぐにビニール袋などに入れ、おしっこはスポイトでとるなどして準備をしましょう。小型犬や猫の場合は必ずキャリーバッグに入れて行きましょう。犬にはカラー(首輪)をつけ、小型犬であっても念のため、リードを持って行きましょう。もちろん、診察券も忘れずに。

すべては犬と猫のために―プレミアムペットフードのロイヤルカナンと認定コンサルティングペットショップによる公式ショッピング・コミュニティサイト「マイ ロイヤルカナン」。「マイ ロイヤルカナン」では、個々の犬と猫の特徴に合わせたロイヤルカナンのドッグフードキャットフードのショッピングや犬と猫のお悩み相談フォトコンテストなどをお楽しみいただけます。

マイ ロイヤルカナンのホーム

マイ ロイヤルカナンをおすすめする理由