更新日:2016年2月08日
ドッグフード・キャットフード選びの基礎知識
知っておきたい、健康な犬と猫の食事の基本

ペットが病気でなくても、ペットを飼う上で「どんな食事を与えるか」ということは今現在の生活だけでなく、将来の健康や寿命にも関わってくるとても大切な問題です。ここでは健康な犬や猫の食事の基本について見てみましょう。

適切な栄養バランスは人間と犬と猫でそれぞれ異なります。

食事でもっとも大切なことは、栄養のバランスがとれていることです。これは人間も動物も同じです。でも、人間にとってバランスのとれた食事が犬や猫にとってバランスのとれた食事とはいえないのです。

下の図を見てください。犬と人間を比べてみると、タンパク質・カルシウム・鉄などをはじめとして、ほとんどの栄養素が、人間の必要量では犬にはまったく足りないことがわかります。

猫と人間を比べた場合は、さらに不足する栄養素が増えてきます。
さらに犬と猫でも必要な栄養素量は違うことがわかります。また、猫にはタウリン(アミノ酸)、アラキドン酸(脂肪酸)、ビタミンA(脂溶性ビタミン)のように自分の体の中で作りだすことができない栄養素があり、食事からとり入れなければならないため、キャットフードには必ずこれらが含まれています。でも、これらは犬と猫では必要量が違うため、ドッグフードにはそれほど多く含まれていないのです。このため猫にドッグフードを与えていると、これらの栄養素の欠乏症になる恐れがあり、よくありません。栄養要求の違いは食性の違いによります。雑食動物の人間と、ずっと肉食だった猫はもちろん、同じ雑食動物でも祖先が肉食動物に近い犬は、違う動物であり、違う食事が必要なのです。

すべては犬と猫のために―プレミアムペットフードのロイヤルカナンと認定コンサルティングペットショップによる公式ショッピング・コミュニティサイト「マイ ロイヤルカナン」。「マイ ロイヤルカナン」では、個々の犬と猫の特徴に合わせたロイヤルカナンのドッグフードキャットフードのショッピングや犬と猫のお悩み相談フォトコンテストなどをお楽しみいただけます。

マイ ロイヤルカナンのホーム

マイ ロイヤルカナンをおすすめする理由