更新日:2017年8月8日

大切な子猫の命を救うために。
捨て猫を拾ったらまずはじめにするべきことは?

捨てられた猫
捨てられている子猫は、多くの場合 体力が奪われて衰弱しています。適切で素早い対応をすることで尊い子猫の命を救いましょう。
1.子猫を保護・安全な場所へ運ぶするために

安全に子猫を保護・運ぶためにキャリーバッグを用意し、中に毛布などを敷いてあげましょう。キャリーバッグを用意できない場合は、丈夫なダンボール箱で代用しても大丈夫です。

子猫が弱っていることがありますので、優しく抱き上げてキャリーバッグへいれてあげます。

保護された猫
2.体温を調整、清潔にする

捨てられている子猫は衰弱によって体温が下がっていることがあります。自宅に子猫を運ぶ際に、キャリーバッグ(または段ボール)の中で子猫の体が温まるように、タオルや、タオルを巻いたカイロを入れるなどの工夫をしましょう。

くれぐれも、カイロで子猫がやけどすることが無いように気配りをします。

逆に夏などは、キャリーバッグの中が暑くなりすぎないよう、換気に注意します。

本来であればすぐにでも動物病院で子猫の状態を診てもらうことが理想です。しかし子猫を運ぶ必要がある場合には気を抜かずに、保温や換気に注意して見守ってあげましょう。

冷房による冷え過ぎ、暖房による温めすぎ、急な温度の変化にも気をつけてください。特に高温から低温への急な変化には悪い影響を受けやすいため要注意です。

また、タオルで身体を拭いて、できるだけ清潔にしてあげます。

3.動物病院で診てもらいましょう

捨てられていて衰弱した子猫はウイルスの感染やノミ・ダニの寄生が多いです。また伝染性鼻気管炎(いわゆるネコ風邪)にかかってることも少なくなく、目ヤニで目がふさがっていたり、鼻汁で鼻が詰まっていることもあります。その場合、匂いがわからずに食事ができませんから、キャリーバッグに子猫を入れて動物病院へ向かい、獣医師に適切な診断・治療・処置をしてもらいましょう。

4.子猫に合ったキャットフードを与える

動物病院で診てもらってお家に帰ったら、お腹を空かせた子猫に体力をつけるために、キャットフードで必要な栄養を与えます。

しかし、子猫の成長段階によって必要な栄養バランスが変わるため、与えるべきキャットフードの種類にも違いがあることを知っておきましょう。ロイヤルカナンは、生まれたばかりの子猫から成長期までの子猫用フードをそろえていますので、ぜひお役立てくださいね。

5.子猫のための特別なセット「キトンパック」
子猫用フードセット ロイヤルカナン キトンパック

捨てられていた子猫が元気になって状態が安定した時に、ぜひお役立ていただきたい特別なセット〈キトンパック〉があります。

キトンパックは、子猫が素晴らしい一生をスタートをするために必要な5つのグッズがそろった特別なセットです。※マイロイヤルカナン限定品です

(1)子猫ガイド
子猫を家族として迎える際の心構えや、子猫にとって快適な環境の準備、衛生管理やフード選びといった子猫の飼育の基礎知識を身に着けていただける全23ページのカラーのブックレットです。

(2)キトン 400g
マイロイヤルカナンで人気ナンバー1のキャットフード!生後12カ月齢までの子猫のための特別なフードです

(3)フードカップ
最適なフードの量を測ることができるカップ。フードカップをご利用いただくことで、手が汚れにくくもなります。

(4)オリジナル マグネット
お気に入りの写真を差し込んで使える写真ケース

(5)プレイボックス
箱の破線にそって丸い穴を開けることでプレイボックスに早変わり。お手持ちの猫じゃらしと組み合わせることで、子猫とのコミュニケーションや健康づくりのためのおもちゃとしてお使いいただけます。元気に遊んでいるときの子猫の動画を、SNSで発信してみてはいかがでしょう?

多くのお客さまに子猫との生活をより充実したものにしてほしい、というロイヤルカナンの思いを込めて、特別価格1,000円(税込)でお買い求めいただけます。ぜひお試しくださいね!

おすすめ記事
おすすめページ

すべては犬と猫のために―プレミアムペットフードのロイヤルカナンと認定コンサルティングペットショップによる公式ショッピング・コミュニティサイト「マイ ロイヤルカナン」。「マイ ロイヤルカナン」では、個々の犬と猫の特徴に合わせたロイヤルカナンのドッグフードキャットフードのショッピングや犬と猫のお悩み相談フォトコンテストなどをお楽しみいただけます。

マイ ロイヤルカナンのホーム

マイ ロイヤルカナンをおすすめする理由