トイレを教える

子犬を家に迎えた時は、トイレの仕方がまだ分からないことが多く、最初は粗相をしてしまうこともあります。しつけをせずにいるといつまでも正しいトイレの仕方を覚えません。正しい習慣を身につけるためにトイレトレーニングは犬を迎えた初日から始めましょう。

子犬が移動できる部屋を制限する

子犬に目が届くように、家の中で子犬が移動できる部屋は、家族が多くの時間を過ごす1〜2つの部屋に絞りましょう。見守ってあげられる人が誰もいない場合は、子犬をサークルやクレートに入れましょう。子犬は寝る場所を安全な空間と考え、清潔にしておこうとするため、そこでおもらしをすることはほとんどありません。

毎日の食事の時間を決める

子犬は食事を食べた直後に排泄することが多いため、観察しやすくなります。

子犬が落ち着ける場所にトイレを置く

トイレはサークルなどで囲んでおきます。トイレ中は無防備になるため、子犬が安心できる場所にしましょう。人の行き来が激しいドアのそばなど、騒がしいところは避けましょう。

毎日の食事の時間を決める

トイレサインを見逃さずに、トイレに連れて行く

子犬が床を鼻で嗅ぎながらぐるぐる回るなどし始めたら、トイレをしたがっている可能性が高いので、トイレに移動させましょう。あとは排泄するまでさりげなく見守ります。排泄を終えたら褒めてあげ、サークルから出しましょう。「ここで排泄すると、良いことがある」と思わせることが大切です。

トイレサインを見逃さずに、トイレに連れて行く

失敗しても叱らない

トイレを覚えるまでは失敗することもありますが、粗相をしてしまったときは、特に子犬には何も言わず、すぐに片付けた後に、臭いを残さないよう消臭剤をかけておきます。このとき、子犬を叱ったり大声で騒いだりしてはいけません。排泄そのものを叱られたと誤解してしまい、必要以上に我慢したり隠れて排泄したりするようになることがあります。また、飼い主や家族が騒ぐと、自分に注目を集めるためにわざとトイレ以外のところで排泄するようになってしまいます。