避妊・去勢を検討する

避妊・去勢とは

家族の一員として犬を飼う場合、避妊や去勢の問題は早めに考える必要があります。健康な犬の体にメスを入れることに抵抗を感じるのは当然です。しかし仮に、予定外の妊娠をして出産をした場合、生まれてきたすべての子犬に新しい家族を見つけてあげることができるでしょうか? 大型犬の場合、一度に10頭近い犬を産む場合もあります。

繁殖させる予定がない場合、犬に避妊・去勢手術を受けさせることも選択肢のひとつです。避妊・去勢手術をしない限り、メスは約半年に一度のペースで発情期を迎え、オスは発情を 迎えたメスの匂いに反応することになります。避妊・去勢手術は生後5-6ヵ月頃に行うのが一般的です。犬を飼う以上、避けては通れない問題なので、できれば犬を家族に迎える前に結論を出しておくと良いでしょう。

避妊・去勢のメリット

避妊・去勢の本来の目的は望まない繁殖を防ぐことですが、様々な病気のリスクを減らすというメリットもあります。オスの場合、前立腺肥大や肛門周囲腺腫、睾丸腫瘍、会陰ヘルニアなどの予防に役立ちます。また、性格がおとなしくなり、コントロールしやすくなるとも言われています。排尿時に足を上げるようになる前に手術をした場合は、成犬になっても足はあげず、マーキングもしなくなります。もちろん、発情期のメスの匂いにひきつけられることもなくなるので、精神的なストレスも軽くなります。

メスの場合は、避妊手術によって卵巣や乳腺の腫瘍や子宮蓄膿症を予防することができます。とくに子宮蓄膿症は発症率が高い病気で、出産経験がない場合、7-8歳で発症することが多いようです。子宮と卵巣を摘出している場合は100%防ぐことができますし、卵巣だけを摘出している場合でも発病のリスクはかなり低くなります。飼い主にとっては、いつでもオスと遊ばせることができたり、発情期の出血のケアをしたりする必要がなくなることもメリットのひとつです。

避妊・去勢とは

手術を受ける時期

避妊手術は6-9ヵ月齢、去勢手術は7-10ヵ月齢に受けることが一般的ですが、その時期を過ぎても手術は可能です。手術の時期は獣医師と相談して決めましょう。去勢手術の所要時間は1時間ほどで、早ければその日のうちに退院できます。避妊手術の場合は1-2時間ほどで、術後2日程度入院して経過を見ることが多いようです。

避妊・去勢後は太りやすくなる

避妊・去勢後は、ホルモンバランスが変化し、毎日必要なエネルギーが下がるため減少するとともに、食欲が旺盛になるため太りやすくなります。そのため、術後の食事量は10-30%ほど食事量を減らして適切な体重を維持するようにしてください。子犬の適切な体重や、手術を考慮して食事量をどのように調節するのか、かかりつけの獣医師に相談することが重要です。

避妊・去勢後は太りやすくなる