フレンチブルドッグ
(French Bulldog)

フレンチブルドッグ
フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの特徴と飼い方、育て方

都市部でも飼いやすい、室内飼育に適したフレンチブルドッグ。飼い方の注意点は?

運動量が多い犬ではありませんが、一日30分程度は、お散歩で運動させるようにしてあげましょう。お散歩中にリードを引っぱらないようにしつけをしないと、歩き方に良くない癖がついてしまうことがありますので、お散歩のトレーニングをしっかりしてあげましょう。
また、ややガニ股で関節に負担がかかりやすいため、フローリングの床や段差などには注意が必要です。

日常的なお手入れはどうすればいい?

短毛種ですが、換毛期には、日常的なブラッシングが必要です。また、顔のシワに汚れがたまりやすいので、定期的に確認して清潔に保ってあげてください。
もし、皮膚に赤みが出ていたり、異臭がしてきたりしたら、皮膚炎ができている可能性があります。ただし、皮膚炎の原因は他に理由がある場合もありますので、何か異変に気付いたら、早めに動物病院で診てもらいましょう。

健康維持のために注意することは?

フレンチブルドッグなどの短頭種は、頭蓋骨と軟部組織の構造上、気管の空気の通り道が狭く、圧がかかり、荒い呼吸になってしまいがちです。これは、頭蓋骨が短くなり、鼻腔が圧縮されたような状態になり、鼻の孔や気管が若干押しつぶされたようになってしまうためです。荒い呼吸やいびきなどは、深刻な気道の病気の症状であることもありますので、一度、動物病院に相談したほうが良いでしょう。
高温多湿な日本の夏のような気候では、体温調整のために犬はパンティング(口を開けてハアハア呼吸すること)をしますが、短頭種は比較的換気が苦手なため、できる限りパンティングをしなくても良いように、飼育環境の温度、湿度管理が大切です。あまり激しい運動も向いていません。特に、気温が高い日のお散歩には注意が必要です。犬は人と違って、地面スレスレの高さを歩くため、高温になったアスファルトの熱さの影響を受けやすいです。ですから、お散歩は、早朝かアスファルトが冷えた夜にするなどの配慮をしてあげてください。また、温度が高い環境では、万一のために目を離さないようにしたほうが安全です。

ちなみに、短頭、中頭、長頭は、頭蓋骨の長さに対する幅(下図A/B)で分けられています。A/Bの数値を各カテゴリの代表的な犬種で見てみると、フレンチブルドッグ:0.87、ジャーマンシェパード:0.75、グレイハウンド:0.50になります。


短頭(ブルドッグなど):幅が広く前後に短い

中頭(ジャーマンシェパードなど):ピラミッド型

長頭(グレイハウンドなど): 前後に長い円錐型

短頭種、中頭種、長頭種の頭蓋骨の長さの違い

性格

フレンチブルドッグは、優しく愛情深い犬です。活発で遊ぶことが大好きですので、一緒にいて楽しいペットになるでしょう。勇敢で、意思が強い面もありますので、番犬としても適した犬種です。

原産国と歴史

フレンチブルドッグの祖先は、ブルドックと同じく、古代ローマ時代のモロッサーという牧羊犬にまでさかのぼります。19世紀、パリの労働者階級の人々によってテリアとの交配が行われ、現在のフレンチブルドッグが生まれました。
もともとは、パリのマーケットで肉屋や馬車の御者に飼われていましたが、そのユニークな外見と、陽気な性格のおかげで、すぐに上流階級や芸術家たちのあいだでも大人気となりました。
犬種のスタンダートは、1898年に定められています。

フレンチブルドッグの種類(色)

フォーン、ブリンドル(フォーンやブラックの混色)、パイド(地色に1~2色のはっきりしたパッチ模様)があります。

体のサイズ

オス、メス共に、体高は25cm~35cmくらいです。

フレンチブルドッグに最適な食事の選び方

12ヵ月齢以上の成犬期、成犬~高齢犬のフレンチブルドッグに最適なフードを選ぶためのポイント

フレンチブルドッグの犬種としての特徴を考えると、筋肉質な体の維持、健康な皮膚の維持、健康的な腸内環境の維持に配慮したフードを選ぶといいでしょう。

●筋肉質な体の維持

かわいらしい外見とは対照的に、同サイズの他の犬種と比較して筋肉量が豊富な犬です。活発で運動量も多い犬種ですので、元気で長生きしてもらうには、筋肉の健康的な維持が大切です。
筋肉は、タンパク質から作られますので、適切な量のタンパク質を摂取することが大切です。また、L-カルニチンは、健康的な脂肪の燃焼をサポートし、タンパク質がエネルギー源として消費されることを抑え、健康的な筋肉量の維持を助けます。

●健康な皮膚の維持

フレンチブルドッグは、外耳炎や皮膚のトラブルが発生しやすい犬種と言われています。皮膚の健康状態を保つためには、皮膚の元となるタンパク質を十分に摂取するとともに、皮膚の代謝を促したり、皮膚が持つバリア機能の維持に必要なビタミンやアミノ酸などを適切なバランスで摂取する必要があります。
皮膚が健康的な状態に保たれていると、病原体や有害物質が体内に入ってくるのを防いだり、体内の水分が失われるのを防いだりしますので、皮膚のトラブルが起きやすいフレンチブルドッグにとって、皮膚の健康維持は大切です。
皮膚は、「ケラチン」というタンパク質から作られており、ケラチンは、メチオニン、シスチンなどのアミノ酸からできています。メチオニンやシスチンは、食事からとりこまれたタンパク質が消化吸収されることで、合成されるアミノ酸です。消化吸収されないタンパク質は、栄養分として体内で利用されませんので、消化性の高いタンパク質を摂取することが大切です。

グラフ

フード中のタンパク質 => アミノ酸に分解され吸収 =>新たなタンパク質(ケラチン)の合成

●健康的な腸内環境の維持

フレンチブルドッグは、腸に入った食物が発酵しやすく、ガス(おなら)を多く発生させてしまう傾向があります。腸内のガスの発生をおさえるには、発酵される腸の内容物をおさえる必要があります。消化しづらいデンプンを制限し、消化のよい食事を与えることで腸内に残る未消化物の量をおさえることが重要です。また、プレバイオティックス成分(フラクトオリゴ糖、ビートパルプ)をバランスよく配合した食事は、腸内細菌のバランスを健康的な状態に維持するサポートをします。

●フレンチブルドッグという犬種にとっての最適なフード

フレンチブルドッグという犬種が他の犬種と異なる特徴に配慮したフードを選ぶことが大切です。それには、栄養バランスの面だけでなく、フレンチブルドッグの独特の食べ方や体質の特徴に配慮することが大切です。
フレンチブルドッグは、マズルが短く、キブル(粒)をとらえにくいため、食べやすい形のフードを選んであげることが理想的です。

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグがよく噛んで食べることに配慮したキブル(粒)の形