第10回

猫の水分補給について

朝晩は気温が下がり過ごしやすくなってきましたが、昼間はまだまだ暑い日が続きます。愛犬・愛猫のために、引き続き暑さ対策に注意してあげて下さい。

今回のテーマは猫の水分補給についてですが、その前にグルーミングについてお話します。猫はよくグルーミングを行います。猫がグルーミングを行う理由はおもに3つあります。一つ目は自分の身体を清潔に保つためです。二つ目は、ストレスの緩和です。猫はストレスを感じると静かな狭いところに隠れようとしますが、隠れる場所がない場合には、自分を落ち着かせるため行動をとります。そのひとつがグルーミングです。そしてグルーミングの目的の三つ目が体温調節です。

人と違って、猫は体温調節のために汗をかきません。代わりにグルーミングをして、だ液を体に塗ることで皮膚表面の温度を下げます。猫が身体をひと舐めすると皮膚表面の温度が17℃も低下したことが報告されています∗。そしてこの報告の中で、グルーミングによって猫が失うだ液の量が1日あたり48gにもなると計算されています。つまり、グルーミングによって1日に約50mlの水分を失っています。ドライフードを食べている体重4kgの猫の1日の尿量が約60mlとの報告がありますので、尿と同じくらいの量の水分をグルーミングで失っていることになります。

気温が高くなると体温調節のためのグルーミングが増えて、その分、多くの水分を失ってしまう可能性が高くなります。そこで、気温が高い時期には積極的に水分補給をしてあげることが大切です。そのためには、

    1. ウェットフードを与える。
    2. 愛猫の好きな水の飲み方を見つけてあげる。例えば、流れる水が好きなようなら、水が流れるタイプの水飲み器を用意してあげる。
    3. ドライフードをお湯などでふやかして与える。

などの方法があります。犬と違って、猫はふやかしたドライフードを食べないことが多いのですが、我が家のポン次郎は、ウェットフードは食べないのにふやかしたドライフードはよく食べます。猫にもそれぞれに個性がありますので、愛猫に合った方法で、しっかりと水分補給をしてあげましょう。

∗Alexis C., Hu D.L.(2018):Cats use hollow papillae to wicksaliva into fur, Proc Natl Acad Sci U.S.A. 115 (49):12377-12382

記事一覧

原田 洋志(はらだ ひろし)

プロフィール

原田 洋志(はらだ ひろし)

  • ロイヤルカナン ジャポン合同会社
  • コーポレートアフェアーズ
  • サイエンティフィック コミュニケーション マネジャー
  • 獣医師
  • 名前:ポン次郎
  • 猫種:メインクーン
  • 性別:去勢オス
  • 年齢:9歳7ヵ月 (2009年3月26日生まれ)
  • 体重:9.7kg
  • 名前:チビ
  • 猫種:ミックス
  • 性別:避妊メス
  • 年齢:2歳6ヵ月 (2016年5月5日生まれ)
  • 体重:4kg